This must be the place.

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

David the Tailor


げっ、ついに完璧に逝っちまったぁ~!

昨日の夜バックパックを閉めようとしたら、ジッパーが動かない。
無理に閉めようとしたら、閉めたはずの側がパックリ口を開けてる。

このバッグ両側から閉められるようになってるんだけど、実はギニアにいる時に片側が同じ症状になってて、それ以来まともに開閉する方だけ使ってたのね。
ほんとはギニアの後一度ロンドン寄ってからまた北アフリカに戻る予定だったから、ロンドンで新しくバックパック買えばいいかなと思ってたんだけど、エアチケットの問題で急遽エチオピアまで飛んじゃったんで、今までだましだまし使ってたんですよ。
それがとうとう昨夜・・・・。
なにを隠そうこのバック、俺が初めてアジアの旅に出た時に買ったやつだから、かれこれ20年選手なんですよね。
二度にわたる沖縄へのバイク旅でも一緒だったし、よくここまで頑張ってくれた!、と労いの言葉の一つもかけてあげたいとこだけど、旅先でこれはなかなか辛いもんがある。

さてどうしたものか・・・・。

寄るつもり無かったけど、首都のナイロビに行ってまともなバックパックを探してみるか。
とりあえず、ここで手に入る大き目のスポーツバッグを買ってしばらく我慢するか。

いや待てよ、昔インドでデイパックのジッパー直してもらった事あるし、ひょっとしたらここケニアでも可能かも。

という訳で、朝ホテルのおねえさんに「これ直せるとこどこかにあるかなぁ?」って聞いたら、
「町のテイラーに行ってみたら?」とのこと。

そっか、テイラーか!

近くの滝を見に行った帰りにテイラーを探して何軒かで聞いてみる。

R0012382.jpg

R0012398.jpg
Thomson's Fall in Nyahururu, Kenya

するとみなさんできるよ、との答え。
おー、そうなのか直せるのか。

いやいや、俺のバックパックかなりでかいし、生地も厚い。
実物を見てもらうまでは安心できんわ。

ホテルに戻って空のバッグ持ってまずは一番近いテイラーへ。

テイラーの彼、顔色ひとつ変えずに、うんこれならできる、と。

よしっ!

ほんとは何軒か回って一番安くやってくれそうなとこに頼もうと思ってたけど、彼の人の良さそうな人柄に惚れて、お願いする事に決定。

二人で近くの布屋に行ってジッパー選び。
さすがに一本でまかなえる長いジッパーがなく、二本使ってセンターで合うようにする作戦。
そうすれば、そこで南京錠もかけられるしね。

マーケット横のアーケードを入ると・・・
P1020470.jpg

そこに彼の店が、
P1020472.jpg

いかれたジッパーをはずされた我がバッグ。
P1020461.jpg

要するに、こうなってしまったんですね。
P1020463.jpg

彼の名はDavid,真剣な目で黙々と作業を進める。
P1020460.jpg

P1020457.jpg

P1020458.jpg
足元も軽やか。

P1020473.jpg
こんな実直な彼に惚れた奥さんとの間には二人の子供がいるらしい。

で、一時間ちょっとぐらいで完成!
早っ!

もう期待以上の素晴らしい仕事っぷりですよ!
(ジッパー自体のクオリティーだけが心配だけどね。)

P1020474.jpg
生まれ変わった我がバッグとDavid、記念のツーショット。


あと20年がんばってね~!

あ、しめて400円でした。



スポンサーサイト
comments
leave a comment





Profile

kin

Author:kin
http://www.facebook.com/kukurkin

Categories
Search Form
Mobile
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。