This must be the place.

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Hospital in Aksum


37.8℃

そりゃしんどいずだわ。

昨日のGondarからAksumまでのかなりハードなバス移動、その疲れのせいかなとも思いつつ朝からどうもだるかった。
それでも、がんばって少し歩いた名所なんぞに行ってみたけど、もう限界とホテルに戻って体温測ったらこの数字。
そのままベッドへダウン。

しばらく眠て検温。

38.2℃

しばらく寝て検温。

39.2℃

ん、ひょっとしてこれは・・・?

しばらく寝て検温。

39.5℃

ヒエェ~!
ついに来たのかマラリア!?

もう夜中だし病院行くにしても明日朝、マラリアはできるだけ早い対応が肝心と聞いてたんで、とりあえず分からないけどギニアで買っておいたマラリア薬を飲んでみる。

精神的にちょっと落ち着く。

朝になってだいぶ熱も下がったけど、一応マラリアかどうかだけははっきりさせたいと病院に行ってみることに。
実は海外旅行で初病院ですわ。

なにしろここAksumはエチオピアの北のはずれの小さな街。
はたしてここの病院でマラリアを検査できるような設備があるのかしらん?などと思いながら行ってみると、中々どうしてしっかりしたもんでした。(いや、日本と比べちゃダメですよ!)

R0012303.jpg


まず受付でカルテを作ってもらって、それ持って診察室へ。
あっ、ちなみにカルテには何故か父親と祖父の名前を書く欄が・・・・。

比較的若い先生。
症状やマラリアの心配の話しをすると、すぐ検査の段取り。
検査室へ行って採血と検便。
検査結果を持ってまた診察室へ。

で、マラリアちゃんはいなかったっす。
ホッ・・・。

ただ、先生いわく、検査の前に薬を飲んだんで、見つかりにくい場合もあると。

で、見つかったのがバクテリアですわ。

ここんとこお宅で出された酒、食事、水の類は気にせず食べてたからなぁ。

まぁ、マラリアじゃなかっただけでも一安心。
薬もらってホテルへ。

食欲無いけど無理やりパンとバナナ食って薬を飲む。

そして10分ぐらいすると・・・、

突然くしゃみが連続で止まらなくなる、と同時に目が猛烈に痒くなる。

お~、なんだなんだ!?
いきなり花粉が飛んできたのか!?

持ってた目薬をさしてみると、なんだか目のまわりに違和感を感じる。
急いで鏡で自分の顔見てびっくり。
そこにあったのは見るも無残な敗戦ボクサーの顔なのでした。
両目のまわりが腫れあがってまともに目を開けられないぐらい。

はぁ・・・。
一難去ってまた一難。

すぐにでも病院戻ろうかと思ったけど、一時的なもんかもしれないし、面倒くさいんでそのままふて寝。
でも2時間ぐらい寝て起きてみると、一向に良くなってる気配がない。いやむしろさらに腫れてるかも・・・。
さすがにほっとけないんで再び病院へ。

分かっちゃいたけど、薬に対するアレルギー反応だってことで、違う薬と目薬を処方してもう。

まさに、泣きっ面に蜂、そんなAksumの一日なのでした。

基本的に長期で海外にいてもあまり日本食が恋しくならない俺だけど・・・・、


あぁ、味噌汁が食いてぇ~!
18

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Coffee in Gondar


「チャイナ!チャイナ!」

ネットをしに行こうとGondarの街を歩いてると、例によってこう声をかけられる。
ギニアにいた時ほど悪意は感じられないんだけど、いつまでたってもこれには慣れないな。

「ジャパン!ジャパン!」

俺も例によってこう叫びながら、でも何とか一応笑顔だけは作って通り過ぎる。
面倒くさい時は無視するんだけど、たまにはこうして日本人であることを主張してみたりして。

すると、

「おー、ジャパン!?」

とか言ってた集団の中の一人のおねえさんが、

「ブンナ!ブンナ!」 (ブンナ=コーヒー)

と、叫んでる。

あぁ、ここでカフェしてるのかな?
でもネットしに行く途中だったし、今コーヒーって気分でもないしで一度は断って行こうとすると、みんなもバイバイって手を振ってる。
で、行こうとしたんだけど、やっぱり俺も気になるわけですよこういう出会い。
それで足を止めると、さっきのお姉さんがまた、

「ブンナ!ブンナ!」

って笑顔で近づいて来た。

そこまで言ってくれるなら、せっかくなんで一杯いただきましょう。
一応いくらか聞いてみると、2Bって言ってるっぽい。
他にも何か言ってるけど、こっちの言葉なんで全く分からず。
まぁ、なるようになるでしょ。

おねえさんについて扉をぬけると、何軒か民家が集まった中庭みたいな場所。
どうも別に商売でやってるわけじゃなさそう。

流れに身をまかせる事に決めた俺は、カメラを取り出し子供たち相手に撮影大会。
カメラ向けると嫌がる子もたまにいるけど、やっぱ基本的写真撮られるの好きだよね。
デジカメだとその場で見れるから、すごく盛り上がるし。

P1020065.jpgP1020089.jpgP1020091.jpgP1020075.jpgP1020108.jpgP1020095.jpg


おねえさんは、着々とコーヒーセレモニー。

P1020100.jpgP1020097.jpgP1020102.jpg


コーヒーがはいると、これも食べなさいとインジェラも出てくる。

P1020103.jpg


最初くれようとしたのが肉のソースだったんで断ると、チリとバター(たぶん)を混ぜたもの作ってくれた。

P1020104.jpgP1020105.jpg

いやぁ、ここのコーヒーもマジでうまい!

皆が明日も来いと誘ってくれるが、残念ながら明日のバスのチケット買っちゃってあるんですわ。
こんな出会いがあると分かってれば、別に明日じゃなくてもよかったんだけど、残念・・・。

P1020118.jpg
最初に声かけてくれたエチオピアの野沢直子、ありがとー!

あっ、もちろんお金は一銭も請求されませんでした。
変な風に勘ぐってごめんなさい!
14

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Coffee Ceremony


と、Bahir Dar初日にしてすでに充実感満点な気分(酒飲んだだけですけどね・・・)でホテルへ向かって歩いてると・・・、
かわいい女の子が路地脇の家から手を振りながら飛び出して来た。
もちろんこちらもにっこり微笑んで手を振り返す。
と、今度はすごい勢いで手招きしてくる、こっちへ来いと。
あまりにも本気なんで、俺もフラフラっとそちらへ・・・。

P1010234.jpg
こんなとこでした。

するとそこにいた大人たちも満面の笑みで手を振ってくれてる。

すんません、突然お邪魔して・・・。
いや、この子が呼ぶもんですからね・・・。

そんな気持ちで恐縮してると、そこにいる全員が今度はとにかく家の中へ入りなさいとこれまたすごい勢いで俺を取り囲む。

なんなんだ、この急展開!

いや、もちろん嫌いじゃないですけどね、こういうの。
つーか、こんなハプニングが楽しくて旅してるようなもんですから。

促されるまま家の中に入ると、コーヒーセレモニーをするからとにかく座れと。

おっと、来たか?
と、ちょっと身構えてしまう俺。

と言うのも、ここエチオピアではコーヒーセレモニーを見に来ないかと誘われ家に行ってみると、最後に法外な料金を要求されるというボッタくりバーのような犯罪があると聞いてたからでして・・・。

でもねぇ、どっからどう見ても善良そうな人たちですよ。
そんな疑念を持った事をちょっと恥じつつ座って様子をうかがう事に。

おかあさん、そそくさとコーヒーをいれる準備を進めます。

P1010219.jpg

暗くて分かりづらいけど、部屋の壁にはキリスト教にちなんだ品々で埋め尽くされてる。

P1010226.jpg

コーヒーを待ちながら談笑してると、ローカルビールを飲まないかとのお誘い。
いやいや、これからコーヒーをご馳走になるのに、その上お酒までなんてそんな図々しいことはできません、とお断り・・・。
したんだけど、結局持ってきてくれる。

P1010220.jpg

出ました、Hararでも飲ませてもらった“白百合”・・・、じゃなくてタッラですよ!

いやぁ、これ苦手だしまいったなぁ、と思いつつもせっかく頂いたんで飲んでみると・・・、

あれっ、これは飲みやすい!
前回のよりかなり薄味であまり炭臭さもない。
さっきのTejですでにほろ酔いかげんの体にさらにアルコール投入~♪

そんな酔っ払いをよそに、セレモニーは粛々と進みます。

P1010221.jpg

P1010224.jpg

P1010229.jpg

で、お味は・・・?

うまいっ!
(すいません、表現力が乏しくて・・・)

Hararの愉快な仲間たちには悪いけど、ホントに今日のコーヒーの方がうまい!
あっ、今回はブラックだったしね。
ちなみに、ここの人たちは砂糖じゃなくて塩入れて飲んでました。

と、ここまでですでに満足度MAXな俺の前にさらになんか出て来ました。

P1010230.jpg

そう、アラーキです。

インド、ネパール辺りでもほとんど同じ名前で呼ばれてる酒ですね。
あちらにいた時もよく飲んでたけど、タッラと同じく場所によって全然味が違うのね。

そんな訳で、今日3種類目のローカル酒注入~♪

アジアで飲んでた時は結構癖のある味の物も多かったんだけど、このお宅のアラーキは絶妙な甘さがあってすごく飲みやすい!
これ、このまま普通に商品になりますよ!

とまぁ、なんとも酒づくし(あっ、おいしいコーヒーもね!)なBahir Darの一日なのでした。

教会から帰って来たら俺に部屋占領さされてて、外で食事をする羽目になったおじいちゃん、おばあちゃん、すいませんでした。

P1010232.jpg

そして、みなさんご馳走さまでした!

P1010235.jpg

そしてそして、最初に手を振って誘ってくれたイソップディンクちゃん、ありがと~!

P1010239.jpg
13

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Tej


ここBahir DarはTana湖の湖畔に広がる街。
どれどれ、まずはどんな湖か見に行くことにしよう。

ん・・・、まぁ湖ですよ・・・、ね。

と、なんとも微妙な印象。
で、写真も撮ってないす・・・。

まぁ、ここはこの湖の周りに点在する教会が有名らしいんだけどね。

しばらく歩くと雰囲気のよさげな公園があったので、ベンチに座って湖を見ながら黄昏てみるたりして。
風が心地よい。

すると、どこからともなく現れた地元民が話しかけてくる。
例によってボート観光の勧誘っぽい。

ちょっと面倒だなと思いつつも、せっかくだからしばらくおしゃべり。
あんまり押しが強くないしね。
そんな中、お互いの仕事の話しをしていると、彼は以前蜂の巣に関する調査だか研究だかをしてたと言う。

えっ、蜂ですか?

蜂といえば蜂蜜、ハニーですよね?
ハニーといえば、エチオピアの伝統酒Tejの原料ですよね?

そう、ここエチオピアにはTejという蜂蜜から作られる酒があるんですね。
その存在は知ってて、酒好きの俺としては是非飲んでみたいもんだとは思ってたんだけど、ビールみたいにどこでも飲めるもんじゃないんですよ。
看板も出てない、ローカルの人に教えてもらわないと分からない場所でしか飲めない一品。
当然今までも知り合った地元の人に聞き続けていたんだけど、中々遭遇できずにいたんですわ。

それが、彼は蜂の巣のスペシャリストですと?

と言う訳で、すかさずこの辺でTejが飲めるとこはないか聞いてみる。
真っ昼間ですけど・・・。

すると、待ってました!
すぐ近くに飲める場所があると。

もしさっきの蜂の巣ネタがTejへと導く伏線だとしたら、もう脱帽ですわ。
考えすぎか?
でもTajにありつけるなら、そんな話しに乗っかっちゃってみるのも全然OKですよ、ね?

今から行くか?って聞くから、ワンワン!!ってシッポ振って答える俺。
根っからの飲ん兵衛だねぇ。

で、連れてこられたのがここ。

P1010216.jpg

これじゃ絶対見つけられませんわ。

中に入ると、中々素敵なお庭。

P1010212.jpg

そしてこれが待望のTej!

P1010213.jpg

素敵な色じゃないですか!
他では砂糖を加えてるのが多い中、ここのは蜂蜜だけを使ったピュアなやつだと、連れて来てくれた彼。

P1010215.jpg

えぇ、信じますとも!

で、お味は・・・?

うまいっ!
(すいません、表現力が乏しくて・・・)

基本的に梅酒とか甘い酒はあんまり得意じゃない俺だけど、これはマジでうまい!
いくらでも飲めちゃいそうでヤバイ。
(すいません、表現力が乏しくて・・・)

腹がへってたんで、近くから食事もお取り寄せ。

P1010214.jpg

あぁ、満足ぅ~!


その後、彼に例の“Chat”をおごってくれとねだられたけど丁重にお断りしましたとさ。

じゃんじゃん!



(続く・・・)

08

Category: Travel

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

“Chatting” in Harar.


新しい街に来たら、例によってとりあえず歩いてみよう!

P1010016.jpg
ここエチオピアもみんなサッカー好きね!

P1010021.jpg
のら犬多し!

P1010024.jpg


普通に観光スポット行ってもおもしろくないんで、どんどん民家がある方に向かって歩いてると・・・。

店先で音楽かけてるレンタルビデオ屋(たぶん?)の前でたむろしてたおにいちゃん達に声かけられる。

P1010173.jpg

エチオピアの観光地では自称“ガイド”がたくさん声かけてくるって聞いてたんで、一瞬警戒したけど、この連中はなんだかそんな感じではなさそう。
しばらく会話してたら、これから家に行って“Chat”をしようと。
いやいや、今まさに“Chat”(おしゃべり)してるじゃん!って突っ込みたくなるけど、この“Chat”ってのはエチオピアの伝統的な嗜好品で、まぁ、いわゆるドラッグの一種なのね。もちろん合法だけど。
日本の合法ドラッグである酒やタバコと同じ位置づけっつー事っすね。

なんでも、ここHarar地方はエチオピアの中でも上質な“Chat”の産地らしい。
ぶっちゃけ一度は試してみたいとは思ってたんで、全然OKなんだけど、とりあえず腹がへってたんで何か食いたいな、って言うと、近くに食えるとこがあるから連れて行ってやると。

で、連れて来られたのがここ。
外から見たら普通の民家ですわ。
ひょっとして今流行りの(?)、隠れ家的おしゃれスポットか!?

P1010038.jpg


って、中入ってもやっぱり普通の民家ですわ。

P1010028.jpg

キッチンはこんな感じ。

P1010036.jpg

すると、さっき話してた時に出た、“Tara(?)”ってこの地方の伝統的な酒も飲んでみないかと勧められる。

Why not ?

で、出てきたのがこれ。

P1010034a.jpg

すごい色してるでしょ?

飲んでみたら、なんか炭のような味・・・、または石垣の島酒、“白百合”の味と言ったら分かりやすいか?
すんません、“白百合”のうまさが分からない俺には、この酒のうまさもわかんなかったっす・・・。

腹ごしらえも済んで、いざ“Chat”!

見ての通りただの葉っぱですね。

P1010043.jpg

こんな感じで普通におばちゃんが売ってます。

P1010045.jpg


さて、新鮮なブツを仕入れたところで、お宅へ。

P1010073.jpg

ポップでしょ?

部屋に入ると・・・。

P1010048.jpg

やっぱりBobは欠かせませんね!

と、

P1010049.jpg

妖しく誘うAvrilも。


そしていよいよ・・・。

この一袋が一人前。

P1010050.jpg

いやいや、いくら俺が野菜好きだからって、こんなに大量に葉っぱ食えないっしょ!?

と、思ったら、実際食うのは新芽(新葉)の部分だけで、他は捨てちゃうのでした。

お好みで砂糖を時々口の中に放り込みます。
決してやばい粉じゃありません。

P1010051.jpg

ビニール袋片手に続々集まる男どもで、狭い部屋の中はもうムンムン♪

P1010064.jpg


で、黙々と葉っぱ食いましたよ。

P1010068.jpg
これは食わないで捨てた部分ね。

で、どうなったかと言うと・・・。
???
まぁ、ちょっと酔ったかな?ぐらいな感じで別にこれと言ってねぇ・・・。

これなら、ジョッキのビールをカァーっと流し込んだ方がはるかにいいじゃん!?

と、身もふたも無い事を考えてしまう無礼な日本人。
いやいや、伝統ですから・・・。
ひたすら新芽を摘んで食うというワビサビも必要なのでしょう、たぶん。
ここはムスリムの多い地方だからアルコールの代わりなのかなとも考えたけど、さっきの酒もあるし、日曜の今日は昼間っからみんなビール飲んでるし、あんま関係なさそう。

な訳で、Chatはちょっと期待はずれだったけど、次はこれ。
エチオピアと言えばコーヒーですよ。
この地方はまたまた上質のコーヒーの産地として有名らしい。

まずは、豆をよく洗って、

P1010075.jpg

あまり細かい事は考えずに、こんな感じで炒ってやります。

P1010077.jpg

初めはこんなだった豆も、

P1010078.jpg

やがて素敵に黒光り!

P1010088.jpg

それを、こんな木の容器に入れてガシガシつぶしてやります。

P1010111.jpg

男の友情はこんな共同作業から生まれると言われてます。(うそ)

P1010100.jpg

この子も将来は葉っぱ食いながらコーヒーいれてるのかな?

P1010094.jpg


そんな野郎どもは気にせず、女性陣はおしゃれやボール遊び。

P1010121.jpg

P1010072.jpg

さぁ、できあがり~!

P1010113.jpg

あらかじめお湯を沸かして、

P1010117.jpg

コーヒー投入!

P1010119.jpg

普段はブラックで飲む俺だけど、今日はあえてみんなと同じく砂糖入りで飲んでみる。

P1010126.jpg


うん、濃厚でうまかったですよ!
でも、やっぱり次はブラックで飲んでみよう。

と、そんな濃厚で素敵なHararの一日なのでした・・・。

P1010053.jpg
Hararの愉快な仲間たち。


みんな、ありがと~!
Profile

kin

Author:kin
http://www.facebook.com/kukurkin

Categories
Search Form
Mobile
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。